家族に迷惑をかけないためにも生前整理をしておこう

家族や親族の負担を減らす

和室

不要な物を処分して身軽に

近年話題となっている生前整理とはどういったことなのでしょうか。亡くなった後に、遺された家族や親族に迷惑をかけないようにと、生前から自分のものを整理しておくことです。高齢になってくると、体力や判断力が落ちてきて、少し片付けるだけでも一苦労です。そうなる前に、不要な物は処分しておく、など身の回りの物を整理しておくと良いでしょう。貴重品や財産などは、目録を付けておき、わかりやすいよう一つの場所にまとめておくと安心です。もめごとを避けるためにも大事な生前整理ですが、例えば自分の親などに勧める場合は少し注意が必要です。言い方を間違えれば喧嘩になってしまう恐れもあります。傷つけないよう、お父さんお母さんのためにもなる、という点を強調することが大切です。

遺言書なども必要

世間で使用されている生前整理という言葉には、単なる家の片付け、という意味と、財産や持ち物を整理しておく、という意味があります。似た言葉に老全整理、という言葉がありますが、こちらは老後を快適に生活するための整理や備え、という意味です。生前整理に必要なのが、遺言書やエンディングノートの作成です。遺された家族や親族が、遺産相続で揉めたりしないためにも、遺言書は欠かせません。エンディングノートは、人生の終わりを迎える時の希望や想定できる事柄を書いておきます。延命処置の有無や葬儀の方法など、普段伝えにくいことを書いておくのも良いでしょう。遺された家族や親族に、負担がかからないように行うのが生前整理です。

このエントリーをはてなブックマークに追加