家族に迷惑をかけないためにも生前整理をしておこう

元気なうちにしておきたい

作業員

子供に負担をかけない

親が亡くなったり老人ホームに入居した後、実家の片づけが大変だったという話がよく聞かれるようになりました。沢山の荷物が残されている上、暮らしていた当人がいないので大切な物がどこにしまってあるかわかりません。片付けの為に実家に何度も足を運ぶ人もいます。あらかじめ親が実家の片づけをしておけば、子供にこういった負担をかけずにすみます。その為自分が元気なうちに生前整理をしておこうという人が増えてきました。もう使わない持ち物は人にあげたり処分しておき、子供に残したいものもあらかじめ渡しておいたり誰に何をあげるかわかるようにしておきます。子供の負担を減らすことが出来るばかりか、子供に自分の気持ちを伝える良い機会にもなります。

効率的

生前整理をしたいと思っても途中で挫折する人は少なくありません。少しずつ片づけをしていると途中で面倒になってやめてしまったり、まだ若いからと先延ばししてしまうからです。また持ち物が多い人は一度に捨てきれないくらいのゴミが出てくるので、処分するのが大変です。生前整理を行うには判断力と体力が必要なのです。そういった事をサポートしてくれるのが生前整理を行っている業者です。残す物と捨てる物の仕分けや、不用品の処分、家具の移動などを依頼できます。1人で行うよりもはるかに効率的です。また業者の中にはまだ使用できる家電や家具などの買い取りを行っているところもあります。良い品なので捨てるのがもったいないと思うような物も、また次に使ってくれる人がいることがわかれば安心して処分できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加