家族に迷惑をかけないためにも生前整理をしておこう

元気なうちにしておきたい

自分が亡くなった後、子供の負担を減らすためにしておきたいのが生前整理です。生前整理には持ち物を仕分ける判断力と、家具を動かしたり不用品をゴミ袋に詰めたりする体力が必要となります。そういった事をサポートしてくれるのが生前整理を請け負っている業者で、効率的に片づけをすることができます。

家族や親族の負担を減らす

生前整理とは、遺された家族や親族に負担がかからないよう、生前から身の回りの整理をしておく、ということです。もし、親などに生前整理を勧める場合は、言い方に気をつけ、お父さんお母さんのためにもなる、という点をしっかり説明しなければなりません。

終活知っておこう

残された人生をよりよく生きるために行う生前整理が、近年注目を集めています。残された家族が苦労しないために、現金や宝石などをどこに何があるのかわかるようにしたり、不用品を処分したりすることで、さらに前向きに生きることができるのです。

終活の準備をしよう

夫婦

終活ですべきこと

以前までは死後の整理を家族が行うのが一般的だったが、核家族化が進み最近では遺品整理は大変な労力になりつつある。残した家族に遺品整理で負担をかけたくないという人も多いだろう。そんな人は生前整理をお勧めする。生きている内に自分で身の回りの品物を整理するのである。しかし、やり方がよく分からないという人もいるはずだ。生前整理は人によって方法や規模が異なるが、定年や生活の変化もあることから60代から終活を始めるのが理想的だろう。急ぐ必要はないが、早めに始めることでゆっくりとしたペースで進めることができる。必要なものだけを使った暮らしを始めることが最初の第一歩だ。無駄なものは積極的に処分していくべきだろう。

終活の際に気をつけること

しかし、自分がいなくなった後のための作業となると誰しも憂鬱な気分になってしまうだろう。生前整理の心構えとして、残した家族のためではなく自分のためにやるという考え方が必要だ。これからの生活を有意義なものにするために、生前整理を行うのである。こう考えることで終活を前向きなイメージで捉えることができるようになるだろう。また、焦ることも禁物だ。生活に無理のない範囲で作業をすすめるべきだろう。死後に物を残さないようにしようとして、生活必需品まで捨ててしまうのはやり過ぎといえる。先ほど、今後の生活を有意義にするために生前整理をすると述べた。必要なものを処分することは自分から楽しみを奪うことになる。終活は楽しみながらやろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加